突っ張り棒で壁掛けテレビにする方法

部屋のスペースを有効活用したいのであれば、テレビを設置するのは台ではなく壁のほうが最適です。
しかし賃貸物件だと、壁に穴を空けることなんてできませんから、その試みを断念せざるを得ません。
そんなときには、突っ張り棒を活用して、壁掛けテレビに仕立てる方法をやってみましょう。

突っ張り棒というと、たんすや本棚の上に取り付けて、地震が起きても倒れないようにするアイテムですが、壁掛けテレビ用の突っ張り棒というのが販売されています。
床から天井まで届く長さがあるので、テレビを設置したいところに棒を立てて伸ばしていけば良いだけです。
工事をする必要もありませんから、すぐに出来るし、模様替えにも対応できます。

問題は、棒の先端部分、つまり床と天井にへこみや擦り傷が出来てしまうかもしれない、ということですが、穴をあけることに比べれば、全く目立ちません。
それに床であればカーペットを敷いておけば、フローリング等が傷つくことも防げます。
それから、心配になるのは、突っ張り棒が何かの拍子に倒れてしまわないかということです。

薄型テレビでも、結構重たいものですから、倒れたときの被害はかなり大きくなってしまいます。
壁掛けテレビ用の突っ張り棒を作っているメーカーでは、振動装置を使い震度6強でも耐えることが出来るかを検査しているので、その点は大丈夫です。
心配であれば、突っ張り棒を1本ではなく2本取り付けて設置するタイプもありますから、より強力に固定する事ができます。