壁掛けしても大丈夫?テレビをする時に気を付けること

薄型テレビであれば容易に壁掛け設置ができるのですが、注意する点がいくつかあります。

一番注意しておきたいのが設置する壁や柱の強度になります。
いくら薄型テレビになったからと言いましても、数十キロの重さがあり、常にそれを支えておかなければならないので壁や柱の強度が弱いと少しの振動などで落下してしまいます。
一般の家庭で使用されている石膏ボードだと、どうしても強度が不足してしまうので石膏ボードそのものを強化するか、専用のユニットを用意する必要があります。

またもう一つ薄型テレビでもそのまま壁掛けしてしまうと見え辛い点がありますので角度調整をしたり、他の物と干渉しないようにしたりと位置の調整が必要となりますので、設置する前に設置場所や設置した後にどう見えるかをよく考えて設置しなければなりません。

このように個人で壁掛け設置するには難しい問題が多々ありますので業者に依頼される方が多いです。
薄型テレビだからこそ壁掛けをした時にスペースが広く感じられ、壁に掛けることにより映像の一体感を感じられるのですが、設置の注意点が多いのです。
石膏ボードや柱の強度を強化しないまま設置してしまうといつ落下してましうか分かりませんし、事故や故障の原因にもなりますし、間違って違った場所に設置してしまうと再設置が面倒になりますので、しっかりと考えてから行動しましょう。
業者に依頼する場合は設置費用や保証のことも考慮する必要があります。